数字の覚え方 ~タイ語での一言~

タイ語での数字の一覧と読み方、書き方を覚えましょう。
どこの国に行っても必要な言葉は数字です。買い物や食事、娯楽に至るまで数字を覚えておくと便利です。日本で言うラッキー7のように、タイでは、数字の9は非常に好まれ、数字の6はやや嫌われています。それは、数字の9「เก้า:ガオ」と前進する・発展するの意味である言葉「ก้าวหน้า:ガオナー」の言葉が似ているところから好かれています。また、数字の6「หก:ホック」と転倒するを意味する「หกล้ม:ホックロム」が似ていることから嫌われています。タイ人も語呂合わせが好きなようですね。数字を覚えて値下げ交渉を頑張りましょう。

タイ語の数字は、日本語と似ています。1から9までの数字と十、百、千、万・・・の組み合わせになります。
例を挙げますと、567という数字は、
日本語では、5+百+6+十+7で、五百六十七といいます。
タイ語では、5(ハー)+百(ローイ)+6(ホック)+十(シップ)+7(ジェット)で、ハーローイホックシップジェットといいます。
全く同じですね。

数字(1~10)

まずは、1~10の数字何回も復唱し覚えてしまいましょう!!


0  ศูนย์ (スーン)
1  หนึง (ヌン)
2  สอง (ソーン)
3  สาม (サーム)
4  สี่ (シー)
5  ห้า (ハー)
6  หก (ホック)
7  เจ็ด (ジェット)
8  แปด (ペート)
9  เก้า (ガオ)
10 สิบ (シップ)

数字(11~99)

続いて、タイ語で数字の11~99についてです。
10はタイ語でシップです。30は3(サーム)+10(シップ)でサームシップです。
同様に40(シーシップ)、50(ハーシップ)となっています。
そして、33は30(サームシップ)+3(サーム)でサームシップサーム、75は70(ジェットシップ)+5(ハー)でジェットシップハーです。

ところが、特別な読み方をする単語が2種類あります。
20は2(ソーン)+10(シップ)でソーンシップ。。。ではありません!!
20はイーシップと発音します。

そしてもう一つ、
31は30(サームシップ)+1(ヌン)でサームシップヌン。。。でもありません!!
31はサームシップエットと発音します。
21はイーシップエット、51はハーシップエットです。

この2点だけ気をつければ、1~10の単語を覚えてしまえばほとんど話すことができますね。


20ยี่สิบ(イ-シップ)、21ยี่สิบเอ็ด(イーシップエット)、22ยี่สิบสอง(イーシップソーン)
30สามสิบ(サームシップ)、31สามสิบเอ็ด(サームシップエット)、32สามสิบสอง(サームシップソーン)
40สี่สิบ(シーシップ)、41สี่สิบเอ็ด(シーシップエット)、42สี่สิบสอง(シーシップソーン)
50ห้าสิบ(ハーシップ)、51ห้าสิบเอ็ด(ハーシップエット)、52ห้าสิบสอง(ハーシップソーン)
60หกสิบ(ホックシップ)
70เจ็ดสิบ(ジェットシップ)
80แปดสิบ(ペートシップ)
90เก้าสิบ(ガウシップ)

数字(100~)

タイ語で数字の100以上についてです。
タイの紙幣で100バーツ、1,000バーツを使う機会は多いのでよく耳にするでしょう。
百万までは、桁ごとに呼び方があるのがタイ語の特徴です。
1,000,000以上の位は、100,000,000=100(ローイ)+1,000,000(ラーン)でローイラーンというように桁をつなぎあわせて言います。


100 ร้อย(ローイ)百
1,000 พัน(パン)千
10,000 หมื่น(ムーン)万
100,000 แสน(セーン)十万
1,000,000 ล้าน(ラーン)百万

百万以降の位は繰り返しになります。

10,000,000 สิบล้าน(シップラーン)
100,000,000 ร้อยล้าน(ローイラーン)
1,000,000,000 พันล้าน(パンラーン)

100を言う時は、1(ヌン)をつけてヌンローイと言います。
同様に、1,000はヌンパン、1,000,0000はヌンラーン、200はソーンローイですね。
家や車を買うとき以外10,000(ヌンムーン)バーツ以上の位を使うことはほとんどありませんが、
全ての数字を言えるように一気に覚えてしまいましょう!!

小数点

小数点についてです。0.02は日本語で、(レイ テン レイ ニー)でこのテンに相当するタイ語がจุด(チュット)です。読み方は日本語と同じで、数字を並べるだけです。

0.02 (スーン チュット スーン ソーン)

จุด(チュット)点