ピチットのおすすめ観光スポット

ピチット 観光

ピチットはタイ北部の県で、ピッサヌロークとナコーンサワンの間に位置しています。
このピチットと言うと、「クロコダイル」というイメージが強い場所です。

スポンサーリンク

ピチットの観光地図

ワットタールアン(Wat Tha Luang)

ワットタールアン

ワットタールアン

「ワットタールアン」は、ピチット市内中心部のナーン川沿いに建てられているお寺です。
小さな町のピチットの中では一番有名なお寺です。

ワットタールアン 本堂

ワットタールアン 本堂

こちらが、ワットタールアンの本堂内部です。
皆さん、仏像をバックに記念写真を撮っていますね。
有名なお寺の本堂の割には、少し小さい感じがします。

ワットタールアン 本堂横の建物

ワットタールアン 本堂横の建物

ワットタールアン 建物を照らすヤック

ワットタールアン 建物を照らすヤック

ワットタールアンの見どころは、本堂と駐車場を挟んで建っているこの建物。ではなくて、この建物を照らす数体の像(右の写真)。夜に来るとライトアップされてきれいなのでしょうか?

ナーン川横の像

ナーン川横の像

ナーン川

ナーン川

ナーン川付近にはボートツアーの客引きが数名います。
この辺りは、外国人観光客はほぼいませんので、おそらく低料金でボートツアーを楽しむことができるでしょう。

ブンシーファイ(Bueng Si Fai)

ブンシーファイ

ブンシーファイ

ブンシーファイは、ピチット市街地の南側にある憩いの場所です。

ブンシーファイ 蓮のモニュメント

ブンシーファイ 蓮のモニュメント

ブンシーファイ 蓮池に浮かぶモニュメント

ブンシーファイ 蓮池に浮かぶモニュメント

ブンシーファイは、ピチットで有名な蓮(ハス)やクロコダイルの像が点在し、ピチットを訪れたら必ず行きたい観光スポットです。

ブンシーファイ 蓮池

ブンシーファイ 蓮池

ブンシーファイ スワンボート

ブンシーファイ スワンボート

池には蓮が広がり、スワンボートも貸し出しています。
スワンボートは、30分40バーツです。

ワットポープラタップチャーン(Wat Pho Pra Thap Chang)

ワットポープラタップチャーン

ワットポープラタップチャーン

ワットポープラタップチャーンは、ピチット市街地とタパーンヒンのちょうど中間あたりに位置するお寺(遺跡)です。

ワットポープラタップチャーン 遺跡

ワットポープラタップチャーン 遺跡

ワットポープラタップチャーン 仏像

ワットポープラタップチャーン 仏像

本堂は屋根が崩壊されているため、屋根が補修されています。
本堂周りは、遺跡が点在しとても歴史を感じることが出来る場所です。

ワットポープラタップチャーン 白い寺院

ワットポープラタップチャーン 白い寺院

ワットポープラタップチャーン 黄金の高僧

ワットポープラタップチャーン 黄金の高僧

一転、本堂と道路を挟んで反対側は華やかな雰囲気になっています。

ワットポープラタップチャーン ミイラ

ワットポープラタップチャーン ミイラ

そしてミイラ(ガイコツ)。
どなたのミイラかわかりませんが、本物だったら怖いですね。

グライトーン

グライトーン

グライトーン

タイの昔話に「グライトーン」というものがあります。多くのタイ人が知っている有名な話で、ピチットが舞台になっています。

話のあらすじは、ざっくりと
「チャラワン」というワニの王が、ピチットの国王の娘である「タパオトーン」をさらい、それをノンタブリー出身の「グライトーン」が助けに行き、幸せに暮らす
という話です。

この写真は、「チャラワン」が「タパオトーン」をさらっている有名なシーンです。

この像は、国鉄ピチット駅から約2kmくらいの場所にある、ワットクローンクー(Wat Khlong Khu)というお寺の道を挟んで反対側にあります。

ピチットの地図

スポンサーリンク

Copyright© タイランド基本情報 , 2019 All Rights Reserved.