ナーン県の観光おすすめスポット7選

ナーン県

ナーン県はタイ北部の県で、チェンライと同様にラオスと国境を接しています(但し、市街地から国境までは結構距離があります)。ナーンは、ナーン川が南北に流れており、市内の周りは山々に囲まれとても自然にあふれたのどかな都市です。また、プレー県の隣に位置していますので、プレー旅行とセットでナーン観光をする方もいます。
ナーンは、町中にお寺が点在し、かつ、個性のあるお寺が多いのでとても楽しむことが出来る観光地になります。
ナーン観光でおさえておきたい観光スポットを7つご紹介します。

ちなみに余談ですが、タイ語でよく使われる「ナーン:นาน(時間が長いの意)」と、この都市の「ナーン:น่าน」は、スペルも発音も違います。

スポンサーリンク

ナーンの観光地図

ワットプラタートカオノーイ(Wat Phra That Khao Noi)

ワットプラタートカオノーイ

ワットプラタートカオノーイ

ワットプラタートカオノーイは、写真のようなナーン市内を見守っている黄金の仏像があるお寺です。

ワットプラタートカオノーイ 階段

ワットプラタートカオノーイ 階段

ワットプラタートカオノーイを直訳すると「小さい山にある仏舎利殿」となるでしょうか。
文字通り、丘の上に位置しています。
バスターミナルから、2km弱の距離なので歩いていけるかな?と思いますが、結構な急坂で自転車でもきついと思います。そして、最後にこの階段が待ち受けています(自転車やバイクは超急坂のう回路があります)。

ワットプラタートカオノーイ チェディー

ワットプラタートカオノーイ チェディー

ワットプラタートカオノーイの頂上には白いチェディーがあります。

ワットプラタートカオノーイ 本堂

ワットプラタートカオノーイ 本堂

ワットプラタートカオノーイ 本堂仏像

ワットプラタートカオノーイ 本堂仏像

白いチェディーの横に、白い仏像が祀られたお寺がありましたので、参拝しました。

ワットプラタートカオノーイ 盛り土

ワットプラタートカオノーイ 盛り土

そして、七夕の短冊のような謎の盛り土。
盛り土に短冊のついた木の棒を突き刺していましたが、何なのかは不明です。

ワットプラタートチェーヘーン(Wat Phrathat Chae Haeng)

ワットプラタートチェーヘーン

ワットプラタートチェーヘーン

タイには12干支にちなんだお寺が各地に存在します。
このワットプラタートチェーヘーンはうさぎ年(卯年)のお寺です。

タイの干支・十二支

ワットプラタートチェーヘーン ゴールデンラビット

ゴールデンラビット

中にはなんと「ゴールデンラビット」が。
みなさんペタペタと金箔を貼り付けています。

ワットプラタートチェーヘーン 入口

ワットプラタートチェーヘーン 入口

ワットプラタートチェーヘーン チェディー

ワットプラタートチェーヘーン チェディー

このワットプラタートチェーヘーンも小高い丘の上にありますので、少々のスロープを上っていきます。
上り終えると正面に金色のチェーディーが見えてきます。

靴置き場

靴置き場

黄金のチェーディー

黄金のチェーディー

中に入る前に靴を脱ぎます。きちんと並べて脱ぎましょう(笑)。
中に入ると、先ほどの「金のうさぎ」や「黄金のチェーディー」があります。

長寿祈願 説明

長寿祈願 説明

長寿祈願 ロープ

長寿祈願 ロープ

そして、一通り巡り外へ出ると入口付近に人が集まっているので寄ってみました。
どうやら長寿祈願の作法のようです。

手順

    1.ひもを頭に一周させる
    2.両手を広げた分を測る
    3.頭から地面までの身長分を測る

この3つの合計分の長さのところでひもを(ハサミで)切ります。
そして、備え付けられている紙に自分の名前を書いて、その紙と一緒に括り付けます。
ぜひ試してみて下さい。

ワットプラタートチェーヘーン 寝仏像

ワットプラタートチェーヘーン 寝仏像

ワットプラタートチェーヘーン 白いチェディー

ワットプラタートチェーヘーン 白いチェディー

その他にも、バンコクの「ワットポー」に似た寝仏像や白いチェディーなどもあります。

ナーン川

ナーン川

写真は帰りの途中で、橋からナーン川を撮った写真です。
遠くに見えるのは「魚」ではなく「人」です。
みなさん水遊びに夢中のようです。

ワットプーミン(Wat Phumin)

ワットプーミン

ワットプーミン

ナーンで一番有名なお寺がこの「ワットプーミン」なのでぜひ行きたい場所です。
市内中心部にあるので、行きやすい場所に位置しています。

ワットプーミン 4面仏像

ワットプーミン 4面仏像

ワットプーミン 壁画

ワットプーミン 壁画

本堂に祀られている4方向を向いた仏像とワットプーミン内の壁画が有名です。
ぜひ訪れる際は、忘れずに撮影してくださいね。

ナーン国立博物館(Nan National Museum)

ナーン国立博物館

ナーン国立博物館

ナーン国立博物館の写真の手前に写っている並木道が「インスタスポット」です。
営業時間は6:00から18:00(無料)で「ワットプーミン」と道を挟んだ場所にありますので一緒に訪れてみて下さい。

ワットミンムアン(Wat Ming Muang)

ワットミンムアン

ワットミンムアン

個人的にインスタ映えスポットはこの「ワットミンムアン」です。
チェンライのワットロンクン程の豪華さはありませんが、やっぱり白いお寺は見ていて気持ちいいです。

ワットミンムアン 仏像

ワットミンムアン 仏像

本堂の中では、ちょうどお坊さんの会議が行われていましたので正面間近からの写真になります。
仏像が糸でつながっていますね。中島みゆき状態でしょうか?

ワットミンムアン 布の像

ワットミンムアン 布の像

ワットミンムアン 白い象

ワットミンムアン 白い象

このワットミンムアンでは、2つの事がされていました。

    1.本堂手前の4方向を向いた仏像に布を巻き付ける
    2.本堂横の白い像の周りをお祈りしながら歩く

ワットミンムアンを訪れた際はぜひ試してください。
ワットミンムアンは、「ワットプーミン」から徒歩圏内なので比較的アクサセスの良い場所に位置しています。

ワットシーパントン(Wat Sri Panthon)

ワットシーパントン

ワットシーパントン

ワットシーパントンは金が鮮やかなお寺です。

ワットシーパントン 本堂

ワットシーパントン 本堂

ワットシーパントン 仏像

ワットシーパントン 仏像

外観が物々しいお寺で圧倒的な威圧感を感じます。
台座に座る親子の仏像を後ろから見守る大将。その大将を両サイドから拝む仏像。そして下には、お坊さんが複数体並んでいます。
さらに、仏像の後ろにはきれいな壁画が描かれています。

ワットシーパントン 壁画

ワットシーパントン 壁画

ワットシーパントン 壁画 2

ワットシーパントン 壁画 2

ワットプーミン同様に、お寺の中全面に描かれていますので、見ていて飽きないです。

ワットスアンターン(Wat Suan Tan)

ワットスアンタン

ワットスアンタン

「ナーン空港から市内へ向かう途中」及び「市内の一部」から見える謎の白い巨塔が気になって見に行ってみました。

ワットスアンタン 井戸

ワットスアンタン 井戸

ワットスアンタン バス

ワットスアンタン バス

お寺もありましたが、それよりも気になったのが謎の井戸とバスでした。
市内中心部から少し離れているので、「時間が空いたら」という順序でいいと思います。

山岳民族が通う学校

山岳民族が通う学校

一番興味を引いたのが、ワットスアンタン近くにある学校の看板です。
なんと、「タイ語」と「山岳文字」が併記されています。
タイ北部地方独特の山岳民族の文化を感じることが出来ます。

ナーンでおすすめのホテル

PX122 D ベスト ホテル(¥6,000~)

PX122 D ベスト ホテル

プミン プレイス ホテル(¥3,900~)


プミン プレイス ホテル

※ナーン県の地図

スポンサーリンク

Copyright© タイランド基本情報 , 2019 All Rights Reserved.