アーントーンのおすすめ観光スポット

アーントーン 観光

アーントーンはタイ中部の県で、アユタヤとシンブリーの間に位置しています。
バンコクから約120kmで、アユタヤの北隣の県ですが、日帰りするには少し忙しい微妙な場所に位置しています。
今年2月に泊りがけでアーントーンに行ったのを忘れて、9月に再度、アーントーンに行くためだけに泊りがけで訪れました。
世界広しといえど、年に2回もアーントーンに行くためだけに、旅行する暇人は管理人だけではないでしょうか?
アーントーンは、陸の孤島スパンブリーからサラブリーやロッブリーに行く交通の要所になっています。

スポンサーリンク

アーントーンの観光スポット

ワットトンソン(Wat Ton Son)

ワットトンソン

ワットトンソン

ワットトンソンは、アーントーン市内中心部にあるお寺です。
立派な本堂があるのですが、このワットトンソンへ行く人の多くは、動物と戯れるために訪れます。

ワットトンソン 道案内板

ワットトンソン 道案内板

ワットトンソンの本堂から川(チャオプラヤー川)の方に向かいます。
1本道なので迷うことはないと思います。
突き当りに、写真のような道案内板があります。

1.まっすぐ、林の間を抜けていくと鳥広場があります。
2.右に道なりに進んでいくと亀広場があります。

ワットトンソン 鳥広場

ワットトンソン 鳥広場

先ほどの道案内板から、木々の間を約1分歩くと川沿いの遊歩道に出ます。
そのまま、川方面に階段を降りていくと鳥広場に到着します。

鳥広場 魚のエサ

鳥広場 魚のエサ

鳥広場 お布施人形

鳥広場 お布施人形

川沿いの小屋はエサ売り場になっています。
袋に入ったカラフルな玉を見たことがある方もいると思いますが、これは魚のエサです。
トリにあげても大丈夫ですが、店のカウンター付近にパンも販売されています。
また、店の中央には「お布施ロボット」がワーワーと騒いでいます。

鳥広場 魚

鳥広場 魚

鳥広場 アヒル

鳥広場 アヒル

エサ売り場の小屋の川沿いは、カウンターになっていて、コーヒーを飲みながら魚にエサをあげることができます。
また、小屋の入口側には、アヒルやカルガモなどのトリがエサを待っています。
かなり、癒される事間違いなしです!!

ワットトンソン 亀広場

ワットトンソン 亀広場

道案内の看板から右側に道なりに約2~3分ほど歩くと亀広場に到着します。
ご覧ください、この数の亀を!!
水槽は2か所に分かれており、合計するとおそらく100匹を超える亀がいます。

亀広場 エサ売り場

亀広場 エサ売り場

入口付近にエサ売り場があります。
メロンが一皿20バーツで販売されていて、串を使って亀にエサをあげることができます。

ワットムアン(Wat Muang)

ワットムアン

ワットムアン

ワットムアンは、写真の巨大大仏があるお寺として有名です。
写真は完全に逆光なので、金の大仏が伝わらないのが残念です。

ワットムアン 工事中

ワットムアン 工事中

ちなみに、こちらが2月に訪れた時の工事中の大仏です。
こちらの方が、鮮やかに撮れていますね。
この大仏が、金色になったとイメージしてください。

ワットムアン 裏ワザ

ワットムアン 裏ワザ

お寺の近辺が田んぼの為、幹線道路からも大仏を見ることができます。
幹線道路沿いにあるコーヒー屋さんから、田んぼと大仏を撮影できる名スポットがあります。
大変混雑していたので、行きませんでしたが記念の1枚になること必至ですので是非訪れてみて下さい。
(写真は、そのコーヒー屋の近くの幹線道路から撮影したものです)

ワットムアン 地獄寺

ワットムアン 地獄寺

また、ワットムアンは地獄寺としても有名です。
「地獄」をモチーフにしたオブジェと、「戦闘」をモチーフにしたオブジェが半々くらいでしょうか。
グロ専門の方は、スパンブリーの地獄寺などをおすすめします。

スパンブリー 観光
スパンブリーのおすすめ観光スポット

スパンブリーはタイ中部の県で、アユタヤとカンチャナブリーという日本人にはおなじみの場所に挟まれています。 このスパンブリーで有名な観光場所は、何と言っても「ドラえもん寺」と「地獄寺」です。しかし、この ...

ワットムアン 銀のお寺

ワットムアン 銀のお寺

そして、こちらの銀のお寺にも入ることをおすすめします。

ワットムアン 銀のお寺 2

ワットムアン 銀のお寺 2

銀のお寺の中は、鏡張りになっていて、美しい光景を見ることができます。
また、仏像の他にもガネーシャ像が配置されています。
本家本元の、鏡張りのお寺は、ウタイターニー県にあるお寺が大きくて有名です。
(あ、ブログをまだ作成していませんでした。近日、公開予定。)

アーントーンの地図

スポンサーリンク

Copyright© タイランド基本情報 , 2019 All Rights Reserved.