バンコク地図

バンコク人気地区の地図

バンコク人気地区別の特徴

バンコク市内の人気地区別に特徴をご紹介します。目的、行き先に合わせて滞在場所を選びましょう!!
アクティブに行動するならスクンビット地区、ゆったり優雅に過ごすならリバーサイド地区がオススメです。


◎スクンビット地区:地図ホテル
BTSアソーク駅、MRTスクンビット駅を中心としたナナ駅からエカマイ駅までの日本人が最も多く住んでいる地域です。電車、バス、タクシーなどの公共機関が揃っておりどこに行くにも不便はありません。また、外国人も多く住んでいることからローカル度は低い地域と言えるでしょう。もし、「ここに行きたい!!」と泊まる場所を限定していないのであれば、スクンビット地域のホテルが最も良いでしょう。

サイアムディスカバリー
◯サイアム地区:地図ホテル
BTSサイアム駅、チットロム駅を中心としたパヤータイからプルンチットまでの地域です。サイアムパラゴンやセントラルワールドといったショッピングモールが密集しています。また、ちょっと足を伸ばせばプラトゥーナームやプラチナムマーケットがありますので買い物を楽しみたい方はこの地域が良いでしょう。また、ワットプラケオ等の王宮地域にも比較的近い地域です。


◯プラトゥーナーム地区:ホテル
BTSサイアム駅、チットロム駅とエアポートレイルリンク ラチャプラーロップ駅に囲まれた地域です。セントラルワールドや伊勢丹といった高級ショッピングモールとともに、プラチナムやプラトゥーナームマーケットといったタイローカルのショッピングモールがあり、また、おそらくタイで一番交通渋滞している場所です。まさにタイの中心部と言っても過言ではないでしょう。2016年に抜かれてしまいましたが、それまでタイで最も高いビル「バイヨークタワー」がある地域です。


◯シーロム地区:地図ホテル
MRTシーロム駅、BTSサラデーン駅を中心とした地域です。タニヤ通りやパッポン通りといった歓楽街と企業のオフィス街が多い地域です。また、バンコクの一等地サトーン通りの近くでもあります。日本大使館の近くでもあるので困ったときには安心です。タイの最大イベントであるソンクラーン祭りでは、バンコクで一番、交通渋滞するシーロム通りとラマ4通りを封鎖して最大の水掛け祭りを楽しむことができます。


◎リバーサイド地区:地図ホテル
BTSサパーンタクシン駅を中心としたチャオプラヤー川のリバーサイド地域です。高級ホテルが立ち並び外国人の宿泊客が多い地域です。フェリーで王宮地域まで行ったり、夜のクルージングを楽しむのもいいと思います。ちょっとお値段は張りますが、時間を優雅に過ごせることは間違いないでしょう。


△王宮地区・中華街地区:地図ホテル
ワットプラケオ、ワットポー等の寺院や中華街のある地域です。寺院や中華街へは中心部から行ったほうが良いと思いますのであまりおすすめはできません(治安、衛生面において)。但し、バックパッカーの街、カオサン通りは挑戦してみても良いでしょう。


△ラチャダー・ペッブリー地区:ホテル
MRT(地下鉄)は通っているもののタイ上級者向けの地域です。バンコク中心部から最も近いローカル地域といえるでしょう。屋台やマッサージ等タイのローカルを味わうことができますが、初めての旅行ではあまりおすすめできません(ある程度のタイ語が必要になると思います)。

空港エリア

スワンナプーム空港周辺
ドンムアン空港周辺及びモーチット地区

バンコク各路線別の地図

投稿日:

Copyright© タイランド基本情報 , 2019 All Rights Reserved.