タイのコンセントやプラグの形状

タイに旅行に行く際に、パソコンや携帯電話の充電器等の電化製品を持っていくと思います。
日本の電化製品が、タイで使えるか心配な方も多いと思います。

結論から先に言いますと、プラグ変換器を買う必要はありません
実際に、数多くのタイのホテルに宿泊してきましたが、日本の電化製品が使えなかったことはありません。

とは言っても、念には念をということで、
タイのコンセントとプラグ形状を写真でご紹介します(生活感のある写真ですが気にしないでください)。

タイのコンセントプラグの形状

まずは、コンセントプラグの形状です。
タイでは、3種類のプラグがあるために、全てに対応できるように穴があいています。

コンセント形状:Aタイプ
日本で一般的に使用されているものと同じ形状です。

コンセント形状:Cタイプ
タイで購入する電化製品はこの形状のものが多いです。

コンセント形状:B3タイプ
アース付きのコンセントで、電子レンジや洗濯機で見られます。

もしもの時のために、Cタイプの変換器を1個くらいは持っていった方が安心かもしれません。

タイの電圧について

タイの電圧は220Vです。
日本の電圧は100Vですが、日本のほとんどの家電が100~240Vに対応しているため、問題なく使用できます。
但し、コンセントを差し込むときに軽い火花が飛ぶこと(パチッと音がなり小さな火花がでる)は間々あります。
過電流による故障を気にされる方は、変圧器の購入をオススメします。

※電気は目に見えませんので、濡れた手でプラグの差し入れは絶対にやめましょう!!220Vで感電した人を実際に見ました。