タイ出入国カードの書き方と記入例

タイ出入国カード

タイへ入国する人は必ず全員、出入国カード(Thai Immigration Bureau)を書く必要があります。
2017年10月から変更になると言われていましたが、2018年についに完全切り替えとなりました。

以前は、タイへの入国審査は「ほぼスルー」で入国できましたが、近年は、入国審査でこの「出入国カード」を元に質問されることも多くなりました。
プレミアムレーン(優先レーン)入国する時でさえ、こんな「飛行機の便名は無い」と言われました(実際書き間違えていたのですが、航空券チケットと出入国カードを見比べていたようです。。。)。

なので、適当に書くことなくしっかり書くようにしましょう!!

スポンサーリンク

出入国カードの書き方

タイ出入国カード 表面

タイ出入国カード 裏面

タイの出入国カードは、長方形の用紙で表面と裏面に記入欄があります。
2017年末の新出入国カードへの更新に伴い、電話番号やメールアドレス等、記入する箇所が増えました。

出入国カードは、もしくはのペン(ボールペン)で、全て英語もしくは数字で記入します(署名欄は日本語可)。

タイ出入国カード記入例(表面)

タイ出入国カードの表面は、真ん中(少し左寄り)に切り込み線が入っており、切り込み線を挟んで左側が「出国用カード」、右側が「入国用カード」です。
入国審査の際、審査官が切り離し右側部分を回収します。

切り離された左側の出国用カードは、パスポートに挟まれて、もしくは、パスポートにホッチキスでとめられて返却されます。タイにいる間に無くさないように気をつけましょう。

タイ出国カード

※表面左側は出国用カード

     ●便名はタイから日本(その他の国)への飛行機の便名
      入国時にわからない場合は空白でも可
     ●署名はパスポートに記載されているものと同じ署名

タイ入国カード

※表面右側は入国用カード

     ●便名は日本(その他の国)からタイへの飛行機の便名
     ●査証番号(ビザ番号)は、ビザ無し入国の場合は空白
     ●職業の例
       会社員:OFFICE WORKER
       会社役員:EXECTIVE
       会社社長:PRESIDENT
       国家公務員:GOVERNMENT OFFICIAL
       地方公務員:LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
       自営業:PROPRIETOR
       農家:FARMER
       医師:DOCTOR
       主婦:HOUSEWIFE
       学生:STUDENT
       無職:NONE
     ●搭乗地は、タイ行き飛行機の出発地
     ●渡航目的の例
       観光:HOLIDAY
       仕事:BUSINESS(労働ビザを取得している人)
       会議:MEETING
       教育:EDUCATION(教育ビザを取得している人)
       乗り継ぎ:TRANSIT
     ●居住地は日本の住所(都市と国のみ)
     ●滞在時住所はホテル名もしくは知人の住所
     ●署名はパスポートに記載されているものと同じ署名

※注:渡航目的で「HOLIDAY」「TRANSIT」以外で入国する際はビザの提示が必要です!!

日本国パスポート
タイのビザなし滞在期間は?

目次1 タイのビザ無し滞在期間2 タイ観光ビザ免除の条件2.1 1.観光目的である事2.2 2.6か月以上の有効期間のパスポートを所持していること2.3 3.往復のチケットを所持していること2.4 4 ...

タイ出入国カード記入例(裏面)

出入国カードの裏面は、左側部分のみ記入します。

タイ入国カード 裏面

※裏面左側は入国用カードの裏面

     ●搭乗便の種類はチャーター便もしくは定期便(通常の飛行機であれば定期便を選択)
     ●初めてのタイ旅行か?
     ●ツアー等の団体旅行か?
     ●タイ滞在時の宿泊施設を選択
     ●タイ出国後の渡航先
     ●渡航目的(表面と同様)
     ●年収(米ドルベース)

タイ出国カード 裏面

※裏面右側は記入不要

以上です。

タイの出入国カードはどこでもらえるの?

タイの出入国カードは、タイ行きの飛行機内でもらえます。

タイの空港内で探すのは困難なので、必ず機内でCAにもらいましょう。
記入箇所が多いので、飛行機内で書いてしまうのが良いと思います。

尚、ツアー会社で航空券の予約をした場合は、航空券と一緒に出入国カードを郵送してくれる場合が多いです。

バンコクの空港からバンコク市内へのアクセス

スポンサーリンク

Copyright© タイランド基本情報 , 2019 All Rights Reserved.