【タイ】90日レポートの書き方と必要書類

90日レポート

90日レポートは、タイに90日連続して滞在する際に現住所(滞在地)を申告する書類で、正式名称をTM47(トーモー47)といいます。
90日を超えて滞在する場合(90日間出国しない場合)は、90日レポート(90 Days Report)を申請しなくてはいけません。

一度出国して再度入国した場合は、滞在日数はリセットされ入国日からの起算となります。
90日レポートの手続きは、期限日の15日前から期限日の7日後までに行う必要があります。

例)5月18日が90日レポートの期限日の場合、5月3日~5月25日の期間に手続きを行います。

90日レポート申請の必要書類

90日レポートを申請する際に必要な書類は下記の6点です。

  1. パスポート
  2. パスポートの顔写真ページのコピー
  3. TM47(申請書)
  4. TM6(タイ入国時に記入する入出国カード)
  5. TM6のコピー
  6. TM30の半券のコピー

TM47について

TM47ダウンロード
TM47ダウンロード

TM47(トーモー47)は、Form for Alien to Notify of Staying Longer than 90 daysの書類の事です。
TM47の用紙は下記サイトから、PDFもしくはWordファイルでダウンロードする事ができます。

TM47申請用紙ダウンロード

TM47の書き方

TM47の書き方
TM47の書き方
TM47の書き方 2
TM47の書き方 2

TM47(Form for Alien to Notify of Staying Longer than 90 days)の用紙は、表のみの1枚です。さらに、記入するのは上部のみで、下部は審査官の記入欄になります。

上から順に、

  1. 記入日
  2. 申請者情報(名前・国籍)
  3. ビザの種類
  4. タイ入国日
  5. パスポート番号
  6. 入出国カード番号(TM6)
  7. 滞在先現住所
  8. (携帯)電話番号
  9. パスポートの署名

を1~8は英数字、9はパスポートと同じ字体で青ペンで記入します。

タイ 住所
タイの住所表記と書き方

タイの住所表記と書き方について解説していきます。日本では、都道府県と市区町村郡、町名、番地・号室で書き表します。タイでは、都県と郡、町村、通り、番地・号室で書き表します。 タイの住所表記 タイでは、日 ...

TM6について

TM6は、タイに入国する際に入国審査で記入・提出する青字の紙です。
入国時に半分に切り取られ、半券を渡されますので出国まで無くさずに保管しましょう。

TM30について

TM30は、タイに来る全ての外国人がタイに入国後24時間以内に、
宿泊するホテルの管理者もしくは滞在するコンドミニアムのオーナーが提出する書類です。
(原則、タイ入国後24時間以内に提出という(ほぼ不可能な)規定となっており、
24時間が経って提出をすると(審査員の気分次第で)罰金が発生する場合があります。
ただし、実際に罰金を請求されたという話は聞いたことがありませんので落ち着いて対応しましょう。)

TM30は上記の通り、ホテルの管理者もしくはコンドミニアムのオーナーが提出する書類です。
従いまして、ホテルに長期間滞在する方は、ホテルのフロントに相談、
コンドミニアムを借りて長期間滞在する方は、コンドミニアムのオーナーもしくは仲介人に相談してTM30の提出を依頼してください。

TM30をイミグレーションに提出すると、TM30の半券を受け取ります。
半券は、コンドミニアムのオーナーが管理するか、自分自身で管理するか話し合っておきましょう。
90日レポートの申請時には、このTM30の半券のコピーが必要です。

TM30を自分で申請する

TM30は通常、外国人を滞在させるホテルの管理人もしくはコンドミニアムのオーナーが提出するものですが、自分自身で代行して申請する事ができます。

その際に必要な書類は、

  1. TM30申請書
  2. 家主のタビアンバーン(住民登録書)のコピー(家主のサインが必要)
  3. 家主の身分証明書(タイ人の場合:IDカード、外国人の場合:パスポート)のコピー(家主のサインが必要)
  4. 自分自身のパスポートの顔写真ページのコピー
  5. 自分自身のパスポートのビザページのコピー
TM30ダウンロード
TM30ダウンロード

TM30申請書の用紙は、TM47と同じページからダウンロードできます。
しかし、サイトの不具合でダウンロードできない場合がありますので、その場合はイミグレーション(申請場所)の窓口で用紙をもらいその場所で記入しましょう。

TM30申請用紙ダウンロード

TM30の申請は、チェーンワタナイミグレーションになります。
現在は、ムアントンターニーです。

チェーンワタナイミグレーション

タイ王国 イミグレーション(チェーンワタナ)への行き方 - 観光名所への行き方 タイランド
タイ王国 イミグレーション(チェーンワタナ)への行き方 - 観光名所への行き方 タイランド

タイでビザの取得や更新等でお世話になるイミグレーション(チェーンワタナ)への行き方についてご紹介します。 イミグレーション(チェーンワタナ)の場所 イミグレーション(チェーンワタナ)住所:The Go

komasan.net

TM30のオンライン申請

TM30は下記のサイトからオンラインやスマホアプリで申請する事ができます。
但し、システムトラブルによりオンラインで申請できない事が間々あるので過信は禁物です。

アンドロイド用のスマートフォンのアプリ
iPhone用のスマートフォンのアプリ
オンライン(PC)

90日レポートの申請場所

90日レポートの申請場所は、ムアントンターニーのイミグレーションになります。
チェーンワタナのイミグレーションではないので気を付けましょう。

ムアントンタニイミグレーションへの行き方 - 観光名所への行き方 タイランド
ムアントンタニイミグレーションへの行き方 - 観光名所への行き方 タイランド

以前は、バンコク在住者の入国管理に関する申告・書類の提出は全てチェーンワタナで行っていましたが、一部の申告がムアントンタニにあるイミグレーションに移転しました。ムアントンタニイミグレーションで行う申告

komasan.net

90日レポートの申請で持っていくものを再度確認しましょう。

  1. パスポート
  2. パスポートの顔写真ページのコピー
  3. TM47(申請書)
  4. TM6(タイ入国時に記入する入出国カード)
  5. TM6のコピー
  6. TM30の半券のコピー

※90日レポートの手続きは、期限日の15日前から期限日の7日後までに行います。
期限が過ぎてしまうと罰金2,000バーツ、もし逮捕された場合は、5,000バーツと200バーツ×日数の罰金が科せられます。

90日レポートのオンライン申請

90日レポートは下記のサイトからオンラインで申請する事ができます。
但し、こちらも同様にシステムトラブルによりオンラインで申請できない事が間々あります。

90日レポートのオンライン申請