スコータイの観光スポット(スコータイ歴史公園&シーサッチャナーライ歴史公園)

スコータイ

https://komasan.net/thailand-spot

スコータイはバンコクから北へ約420kmの場所、そしてピッサヌロークの隣町にある古代遺跡群の都市です。
タイ族による最初の王朝(スコータイ王朝)が発祥した都市として有名です。
つまり、タイの歴史を語るうえで、このスコータイは一度は訪れたい観光地になります。

関連リンク

 icon-hand-o-right タイの歴史

スコータイ県にある「スコータイ歴史公園」、「シーサッチャナーライ歴史公園」そしてカムペーンペット県にある「カムペーンペット歴史公園」の3つが「古代都市スコータイと周辺の古代都市群」としてユネスコ(UNESCO)の「世界文化遺産」に登録されています。

カムペーンペット
カムペーンペットの観光は歴史公園巡りで決まり!!

カムペーンペットはタイ北部の県で、ナコーンサワンとスコータイ・タークの間に位置しています。 このカムペーンペットにある「カムペーンペット歴史公園」は、スコータイ王朝の遺跡の1つで、「カムペーンペット歴 ...

スポンサーリンク

スコータイエリアの観光スポット

上記の通り、スコータイは大きく分けて2つの遺跡群があります。

  1. スコータイ歴史公園
  2. シーサッチャナーライ歴史公園

それぞれの場所は、

スコータイ市街地(新市街)を中心として、タイ国道12号線を西側(旧市街方面)に向かった所にスコータイ歴史公園があります。
スコータイ歴史公園周辺を「ムアンガオ(旧市街)」と呼んでいます。

一方、シーサッチャナーライ歴史公園は、スコータイ市街地(新市街)から北側(スコータイ空港)に向かって、空港を通過し更に進んだ所に位置しています。
シーサッチャナライ歴史公園は、市街地からかなり遠く(約60km)、また、個人で行くとなるとけっこう難しいかもしれません。

スコータイ歴史公園エリアの観光スポット

スコータイ歴史公園

スコータイ歴史公園

スコータイ歴史公園

スコータイ市街地よりオールドタウン方向へ一直線に進んだところにあります。
スコータイ歴史公園内には、「ワットマハータート」、「ワットサーシー」、「ワットシーサワイ」の各遺跡と「ラムカムヘン像」があり、歴史公園内の遺跡は100バーツですべてまわることが出来ます。
また、歴史公園周辺にはレンタサイクルがありますので、自転車で巡ったほうが良いでしょう。

    営業時間:6:30~18:00(土曜日のみ18:00~21:00ライトアップ)
    入場料金:100THB(タイ人20THB) 自転車:10THB
ワットマハータート

ワットマハータート

ワットサーシー

ワットサーシー

ラムカムヘン像

ラムカムヘン像

スコータイ歴史公園近くの遺跡

「ワットシーチュム」は、スコータイ歴史公園の北側にあり別料金になります。

ワットシーチュム

ワットシーチュム

    営業時間:7:30~17:30
    入場料金:100THB(タイ人20THB)

シーサッチャナーライ歴史公園エリアの観光スポット

シーサッチャナーライ歴史公園

シーサッチャナーライ歴史公園

シーサッチャナーライ歴史公園は、スコータイ市街地よりスコータイ空港方面に約60km進んだところにあります。
シーサッチャナーライ歴史公園内には、「ワットチャーンロム」、「ワットナーンパヤー」、「ワットチェーディーチェッテーオ」、「ワットカオパノムルン」の各遺跡があり、歴史公園内の遺跡は100バーツですべてまわることが出来ます。

    営業時間:8:30~17:00
    入場料:100THB(タイ人20THB) 自転車:10THB
ワットチャーンロム

ワットチャーンロム

ワットナーンパヤー

ワットナーンパヤー

ワットチェーディーチェッテーオ

ワットチェーディーチェッテーオ

ワットカオパノムプルーン

ワットカオパノムプルーン

残念ながら、黄色い袈裟が風でずれ落ちていました。

ワットカオパノムプルーン

ワットカオパノムプルーン 階段

この「ワットカオパノムプルーン」は、写真の急階段を登って行かなければなりません。
頂上にはこの「黄色い袈裟を着た仏像」と写真はのせませんが「タイの民族衣装が祀られた祠」があります。

シーサッチャナーライ歴史公園レンタサイクル

レンタサイクル

レンタサイクル

レンタサイクル2

レンタサイクル料金表

シーサッチャナーライ歴史公園の近辺には、スコータイ歴史公園同様に「レンタサイクル屋」があります。
場所は、シーサッチャナーライ歴史公園前の駐車場の脇で、料金は普通自転車30バーツ、2人乗りの自転車80バーツです。
カップルで行く際は、2人乗りの自転車で巡ってみてはいかがでしょうか。

シーサッチャナーライ歴史公園近くのその他の観光地

シーサッチャナーライ歴史公園近くには、その他に「ワットプラシーラタナーマハタート」と「サンカローク窯跡」という観光スポットがあります。
シーサッチャナーライ歴史公園からそれぞれ「約3km」と「約10km」離れているので、車がないと難しいと思いますが行ってみてはいかがでしょうか(私は行っていませんが)。

シーサッチャナーライ歴史公園への行き方

シーサッチャナーライ歴史公園へ自力で行く行き方をご紹介します。

※注意
予め断っておきますが、「かなりのタイ上級者」もしくは「バックパッカー」向けの行き方です。
もし、帰れなくなっても、「タクシー」などはありませんので、全て「自己責任」でお願いします。

「スコータイバスターミナル」から「シーサッチャナーライ歴史公園」まで1日片道1便ずつバスが出ています。このバスで行けば、片道31バーツずつで行くことが出来ます。

シーサッチャナライ歴史公園行きバス時刻表
行き先
スコータイバスターミナル
スコータイ空港
シーサッチャナライ歴史公園
スコータイ発シーサッチャナライ歴史公園行き
10:00
10:40
11:20
シーサッチャナライ歴史公園発スコータイ行き
17:20
16:45
16:00

※2019年4月現在の時刻表

もし、帰りのバスに乗れなかったら、観光客に「スコータイ市街」もしくは「サワンカローク市街」まで送って行ってもらいましょう(ヒッチハイク)。

スコータイ観光のまとめ

ひとつひとつの遺跡について「ウダウダ」と所感を述べないで、有名な遺跡のみを羅列しました。
スコータイに初めて行く方は、旧市街にある「スコータイ歴史公園」だけで十分だと思います。
今回ご紹介したスコータイ歴史公園付近の有名スポットだけであれば(細かい遺跡は行かない)、半日で十分まわることが出来ます(バンコク等からの移動含めて1泊2日)。

但し、シーサッチャナーライ歴史公園へ行くのであれば、丸1日がかりの旅行になりますので2泊3日は必要になります。
「遺跡マニア」、「世界遺産マニア」や「観光地は全部巡りたい」という方は、「シーサッチャナーライ歴史公園」も良いと思います。

スコータイ歴史公園が観光客が多い華やかな場所と対比して、シーサッチャナーライ歴史公園は静かでゆったりとの遺跡観光を味わうことができます。

スコータイでおすすめのホテル


スリウィライ スコタニ ホテル(¥7,500~)

スリウィライ スコタニ ホテル

ヴィエン タワン スコータイ ゲストハウス(¥2,600~)


ヴィエン タワン スコータイ ゲストハウス
関連リンク

 icon-hand-o-right スコータイの地図

スポンサーリンク

Copyright© タイの観光名所 , 2019 All Rights Reserved.