プレー県の観光おすすめスポット4選

プレー

プレー県はタイ北部の県で、ピッサヌローク(ウタラディット)、ランパーンとナーンの中間に位置しています。
プレーは、タイの観光地というよりは、穴場スポットと呼ぶのが相応しいほど、外国人をあまり見かけません。非常にのどかで、日本の田舎町をイメージさせてくれるような街です。

プレー 藍染の町

また、プレーと言えば藍染の町として非常に有名です。
実際現地では、セブンイレブンの店員も着ていました。
値段も非常にお手頃なので、プレーに行ったらお土産で買いたい一品です。

プレーの観光スポット

ワットポンスナン(Wat Phong Sunan)

ワットポンスナン

個人的に、プレーに行ったら絶対訪れてほしい観光名所がこのワットポンスナンです。プレーと言えば、プレーの歴史を知っている人から見れば、博物館等が興味あると思うのですが、単純に目に入ってくるものとしては、ワットポンスナンが一番だと思います。

写真は、お寺の入口です。本堂が霞んでしまうほどの門構え。「電線が邪魔だな~」と思いながらカメラ撮影をしました。

ワットポンスナン 寝仏像

ワットポンスナン 亀

あまり写真を載せると実際行った時の感動が薄れてしまうと思うのですが、記事トップ写真の「白い建物」、「金の本堂」、「寝仏像」、「巨大亀に乗る仏像」の全てがインスタ映え間違いなしです。

ウォンブリー博物館(Wongburi House Museum)

ウォンブリー博物館

プレーの名産品である「チーク材」を使用したプレー時代の王族の家を博物館にしています。

    入場料:30 THB
    営業時間:8:30~17:00

クムチャオルアン(Khum Chao Luang)

クムチャオルアン

プレー最後の王である「チャオルアン氏」の邸宅で、中庭に銅像が建っています。

    入場料:無料
    営業時間:8:00~16:30

クムチャオルアン2

クムチャオルアン3

当時の生活を感じることが出来ます。

ワットプラタートチョーヘー(Wat Phra That Cho Hae)

ワットプラタートチョーヘー

タイには12干支にちなんだお寺が各地に存在します。
このワットプラタートチョーヘーはトラ年(寅年)のお寺です。

関連リンク

 icon-hand-o-right タイの干支・十二支

ワットプラタートチョーヘー2

ワットプラタートチョーヘー3

ワットプラタートチョーヘーは、プレー市内(市街地)と幹線道路を挟んで反対側に位置しています。
ワットプラタートチョーヘーは小高い丘の上にありますので、階段を上っていきます。
この階段の下には、申し訳なさそうに寅の置物があります。
上り終えて門をくぐっていくと到着します。

ワットプラタートチョーヘー4

ワットプラタートチョーヘー5

奥の本殿ではきれいな仏像、壁画を見ることが出来ます。

ワットプラタートチョーヘー6

ワットプラタートチョーヘー7

そして、手前(入口階段付近)の建物には行列が出来ています。
建物の中に入ってお参りすることが出来ます。

ワットプラタートチョーヘー お土産屋

帰り(階段を降りたところ)には、プレーの名産品・お土産を購入することが出来ます。

プレーでおすすめのホテル

ジンジャーブレッド ハウス B&B(¥3,350~)

ジンジャーブレッド ハウス B&B
関連リンク

 icon-hand-o-right プレーの地図

Copyright© タイの観光名所 , 2019 All Rights Reserved.