ランパーンのおすすめ観光スポット

ランパーン

ランパーンはタイ北部の県で、チェンマイやチェンライへの交通の要所となる街です。
にぎやかさは無く、観光客メインの街です。

ランパーン 馬車

ランパーン 馬車 料金表

また、ランパーンと言えばタイ国内で唯一馬車が走っている町として有名であり、観光客はこの馬車でお寺巡りをしている方も多くいます。
馬が暴れないように、目隠しをされながら固いコンクリートの道を歩かされるのはなんかかわいそうな気がしました。
料金は、30分で200THB、1時間で400THBくらいが相場です。

ランパーンの観光地図

ワットプラタートランパーンルアン(Wat Prathat Lampang Luang)

ワットプラタートランパーンルアン

いきなり、ランパーン市街地から約20kmの郊外に位置しているお寺からの紹介になります。
この「ワットプラタートランパーンルアン」がランパーンで一番有名でかつおさえておきたい観光スポットになります。

タイには12干支にちなんだお寺が各地に存在します。
このワットプラタートランパーンルアンはウシ年(丑年)のお寺です。

関連リンク

 icon-hand-o-right タイの干支・十二支

ワットプラタートランパーンルアン 本堂

ワットプラタートランパーンルアン チェディー

また、ワットプラタートランパーンルアンの本堂は15世紀半ばに「チーク材」を用いて建てられた3層の屋根をもつ、タイ国内最古の木造建築の一つと言われています。
本堂横のチェディーは高さが45mあり、迫力満点です。

脇道を入った奥にも数か所仏像が祀られています。

ワットポンサヌックヌア(Wat Pong Sanuk Nua)

ワットポンサヌックヌア

2008年にユネスコから賞を受賞しているお寺です。
涅槃仏が祀られています。

ワットポンサヌックヌア

ワットポンサヌックタイ

このワットポンサヌックヌア(北)は、ワットポンサヌックタイ(南)と隣り合っており、大通りから向かう場合の正面にあるお寺はワットポンサヌックタイ(南)の方なので注意。

ワットプラケオドーンタオスチャーダラーム(Wat Phra Kaeo Don Tao Suchadaram)

ワットプラケオドーンタオスチャーダラーム

バンコクのワットプラケオにある「エメラルド仏」が展示されていたこともある寺院です。
2019年4月現在でチェディーが改装中の為、少々寂しい感じです。

ルアンポーカセムケマコー(Luangpho Kasem Khemako)

ルアンポーカセム

ルアンポーカセムは、「ワットプラケオドーンタオ」からさらに先、ランパーン市内の城壁を超えた場所に位置しています。
中心広場に巨大な高僧がドーンと立っていることで有名です。

ルアンポーカセム2

ルアンポーカセム3

本堂内もやはり高僧が祀られていました。

ランパーンナイトマーケット(Lampang Night Market)

ランパーンナイトマーケット

昼間はとても静かであまり人を見かけませんが、夜になるとこんなに人がいたんだと思うほどナイトマーケットに集まってきます。
ゴーンター市場から川沿いに西に開催されています。

ランパーンナイトマーケット2

失礼を承知で言わせてもらうと「ガラクタ市」という印象です。
逆に言うと、お目当ての商品が格安で手に入るかもしれません。

関連リンク

 icon-hand-o-right ランパーンの地図

Copyright© タイの観光名所 , 2019 All Rights Reserved.