ワットパクナムの行き方と観光ガイド

ワットパクナム

https://komasan.net/thailand-spot

今やバンコクの「インスタ映え」として、1大観光スポットとなったのが、この「ワットパクナム」です。
ガラス製の仏舎利塔(通称:緑ガラス仏塔)とその上部に描かれている天井画が、写真では伝わらない魅惑と感動を与えてくれます。
但し、バンコク中心部から少し離れていることもあり、この「緑ガラス仏塔」だけを見て帰るのでは、非常にもったいないので、「ワットパクナム」の行き方と見どころをご紹介します。

ワットパクナムの観光案内と見どころ

ワットパクナムの観光地図

    名称:ワットパークナーム(Wat Paknam Bhasicharoen)
    営業時間:8~18時
    入場料:無料

大仏塔(Great Pagoda)

ワットパクナム 緑ガラス仏塔

ワットパクナム 緑ガラス仏塔

このあまりも有名な緑ガラス仏塔は、白い大仏塔(Great Pagoda)内の最上階で撮影することが出来ます。

ワットパクナム 入口

ワットパクナム 入口

ワットパクナムの入口は、両サイドに建物(お寺)が建っている屋根付き通路です。一瞬、私有地かと入るのをためらってしまいますが大丈夫です。

緑ガラス仏塔までの道順

緑ガラス仏塔までの道順

緑ガラス仏塔までの道順 案内板

緑ガラス仏塔までの道順 案内板

屋根付き通路を2~3分歩き、屋根がなくなった場所に右折する道があります。
ここを右折して、さらに左折すると到着です。
写真のような案内板があるので迷うことはないでしょう。

ワットパクナム 大仏塔

ワットパクナム 大仏塔

この白く突きあがる建物が「大仏塔」になります。

ワットパクナム 大仏塔入口

ワットパクナム 大仏塔入口

大仏塔に向かって左奥の階段が入口になります。
必ず、靴を脱いで入っていきましょう。

大仏塔 1F博物館

大仏塔 1F博物館

ちなみに、階段を登らずに正面の入口を入った1階は、博物館(ほとんど倉庫状態)になっています。
時間に余裕があれば見学しましょう。

本堂(Ordination Hall)

ワットパクナム 本堂

ワットパクナム 本堂

ワットパクナムの本堂は、大仏塔に行く途中にあります。
ワットパクナム入口から進んで、屋根なしの通路を右折せずに左側の建物が「本堂」になります。
「本堂」も入口で必ず靴を脱ぎましょう。

ワットパクナム 本堂入口

ワットパクナム 本堂入口

ワットパクナム 本堂横寺院

ワットパクナム 本堂横寺院

まっすぐ進んでいくと本堂に到着するのですが、入ってすぐ右側の建物を覗いてみましょう。
建物の入口は裏側にあります。

ワットパクナム 本堂横寺院道順

ワットパクナム 本堂横寺院道順

ワットパクナム 本堂横寺院道順2

ワットパクナム 本堂横寺院道順2

建物に行く途中の左側にきれいな倉庫?が見えます。
なんと、倉庫の下には亀の大群がひなたぼっこ。
タイでも亀は縁起が良いものとされていて、お寺と亀はセットになっている場合が多いです。

ワットパクナム 本堂横寺院2

ワットパクナム 本堂横寺院2

建物に入ると黄金の仏像があります。
壁画もとてもきれいなので一見の価値ありです。

ワットパクナム 本堂2

ワットパクナム 本堂2

さて、本堂に戻り本堂右側の青い看板の入口を入って2階に上がります。

ワットパクナム 本堂2F

ワットパクナム 本堂2F

ワットパクナム 本堂2F2

ワットパクナム 本堂2F2

2階は礼拝所になっており、お坊さんがタイ人にお経を唱えるシーンも見られるかもしれません。

大仏(Great Buddha)建設中

ワットパクナム 大仏

ワットパクナム 大仏

現在は、建設中の為、行くことが出来ません。
おそらく、2020年頃の完成になると思われます。

この、

    1.大仏塔
    2.本堂
    3.大仏

の3つが、ワットパクナムの見どころになります。

ワットクンチャン(Wat Khun Chan)

ワットクンチャン

ワットクンチャン

こちらは、おまけになります。
ワットパクナムから歩いて行ける隣のお寺(ワットクンチャン)では、巨大大仏を見ることが出来ます。

ワットクンチャン 道順

ワットクンチャン 道順

ワットクンチャン 道順2

ワットクンチャン 道順2

大仏塔近くの屋台の小さな通りを入っていき、突き当りを左折し、橋を超えるとワットクンチャンに到着します(徒歩3~5分)。

ワットクンチャン 2

ワットクンチャン 2

ワットクンチャン 3

ワットクンチャン 3

ワットクンチャンは、巨大大仏とともに華やかなお寺が複数建っており、お寺マニアにはたまらない場所だと思います。

ワットクンチャン 4

ワットクンチャン 4

そして管理人のお気に入りは、このセクシー涅槃仏です。
ある意味で、このワットクンチャンの方が「インスタ映えスポット」として見直される日が来るのではないかと思っています。

ワットパクナムへの行き方

ワットパクナムへ行く移動手段は下記の通りです。

    1.タクシーで行く(難易度低)
    2.バスで行く(難易度中)
    3.ソンテウで行く(難易度中)
    4.水上ボートで行く(難易度高)
    5.MRTで行く(難易度中)NEW!!

ワットパクナムへの行き方地図

タクシーで行く

当然ですが、タクシーで行くのが一番確実です。
ワットパクナムの最寄り駅は、「BTSウッタカート駅」や「BTSタラートプルー駅」です。

このサイトでは、「ワットパクナム」と言っていますが、実際は「ワット(寺)パーク(口)ナーム(水)」です。しかも、タクシーに「ワットパークナーム」と言っても、サムットプラカーン県にある「パークナームマーケット」に連れていかれる可能性があります。

必ず、「ワットパークナームパーシーチャルーン」と言うようにしましょう!!

タクシーを捕まえたらタイ語で、
●パイ ワットパークナームパーシーチャルーン カップ
(ワットパークナームパーシーチャルーンに行って下さい)
と言いましょう。

通じなければ、下記のタイ語をタクシー運転手に見せましょう。
ไปวัดปากน้ำภาษีเจริญครับ

路線バスで行く

MRTシーロム駅のルンピニ公園前から4番の路線バスで行くことが出来ます。
※クリックするとバス路線図が表示されます。

ワットパクナム バス

バスの終点がワットパクナム付近になります。
バスを降りてそのまま商店街を抜け、左側にある写真の橋を渡るとワットパクナムに到着します。

ソンテウで行く

ここから少し難易度が上がります。
BTSタラートプルー駅に着いたはいいけど、ソンテウ乗り場が見当たらずにキョロキョロと探している日本人をよく見かけます。
「ソンテウの乗り場」は、BTSタラートプルー駅近くの「ザモール タープラ店前」が始発になります。

BTSタラートプルー駅 ソンテウ乗り場

BTSタラートプルー駅 ソンテウ乗り場2

BTSタラートプルー駅の2番出口から出ます。
そのまま、1~2分進んだ右側にある、「階段とエスカレーター」が一緒にある出口から降ります(2番出口すぐ右側の階段出口ではありません)。

BTSタラートプルー駅 ソンテウ乗り場3

BTSタラートプルー駅 ソンテウ乗り場4

階段を下りると、大きな交差点に出ます。
そのまま、交差点を渡らず道なりに大通りを右に進んでいきます。

BTSタラートプルー駅 ソンテウ乗り場5

「ザモールタープラ」へ渡る歩道橋の近辺にソンテウ乗り場があります。
真っ赤なソンテウが目印です。
英語は書いておらず、タイ語で「ワットパークナーム」と書いてあります。
おそらく、このバス停に停まる「赤いソンテウ」は、全てワットパクナムへ行くと思われますが、当サイトでは保証しかねますのでご注意ください。料金は8バーツで降りるときに支払います。
このソンテウは、ワットパクナムの入口で降ろしてくれますので、楽に観光することが出来ます。

BTSタラートプルー駅 ソンテウ乗り場6

ちなみに、帰りのソンテウ乗り場は上の地図を確認してください。
いっぱい、赤ソンテウが停まっていますのですぐ見つかると思います。

水上ボートで行く

水上バスで行く方法は、実は難易度は高くありません。
しかも、ワットパクナムの本堂が終点なので迷うことがありません(ボートを降りてから本堂までが迷路みたいになっていますが)。
しかし、なぜおすすめしないのかと言えば、この水上ボートは通勤用で昼間の時間帯は運行していないからです。
もし、水上バスも体験してみたいという方は、参考にしてください。

運河ボート

 icon-hand-o-right パーシーチャルン運河ボートの路線図

「歩いて行く事」をおすすめしているサイトやYouTubeも多いですが、片道15~20分を歩いていくなら、BTSウッタカート駅からバイクタクシーで30バーツで送ってもらう方が確実に到着するので良いと思います。

MRT(地下鉄)で行く(裏ワザ)

自力でワットパクナムへ行きたい方に朗報です!!
2019年8月にバンコクのMRT(地下鉄)が延伸したことにより、歩いてワットパクナムへ行く事が可能になりました。
BTSの駅から歩いていこうと思っていた方や旅慣れて細道(裏道)を歩いていく度胸のある方におすすめです。

MRTバーンパイ駅1番出口

MRTバーンパイ駅1番出口

MRTバーンパイ駅の1番出口から階段を降りていきます(MRTバーンパイ駅は、地下鉄ではなく地上の駅で、バーンワー駅の1つ手前になります。)。
 icon-arrow-right  バンコクMRT路線図

ペットカセム ソイ 19

ペットカセム ソイ 19

1番出口の階段を降りてそのまままっすぐ約1分ほど歩くと、橋の手前にペットカセム ソイ19の看板があるのでここを右折します。
ここから先、突き当りになるまで絶対に曲がらない事を心がけてください。

ワットパクナム付近駐車場

ワットパクナム付近駐車場

途中、右側に学校、さらに進むと左側に赤い屋根のお寺があります。
そして、道の終点が写真の砂利の駐車場になります。
バーンパイ駅からこの駐車場までが歩いて約8~10分くらいです。

駐車場脇の橋

駐車場脇の橋

砂利の駐車場の横が川になっています。
写真の赤い橋を渡って行くとワットパクナムの入口に到着します。

ワットパクナム入口

ワットパクナム入口

ワットパクナム入口までバーンパイ駅から約10分です。
歩いていくなら間違いなく最速で行く事ができます。
この裏道は、誰も知らなく、誰も通らないのでちょっと心細かったのですが、試しに行ってみたら簡単かつ最速で行く事ができました。
但し、住宅街を通っていくので、見知らぬ人が歩いているな~と警戒の目で見られてしまうことは覚悟しておいてください。

ワットパクナム観光ツアー

ひと昔前までは、バンコクに行ったら「ワットプラケオ」や「ワットポー」が定番の観光名所でしたが、「スマホ」と「インスタ」の普及により、バンコクの新観光名所は、この「ワットパクナム」とチャチュンサオ県にある願いをかなえる「ピンクガネーシャ」が2大スポットになっています。
両方ともを1日で訪れるのは、タイ在住者でも難しいので、観光ツアーをおすすめします。

バンコク新観光名所ツアー

ワットパクナム・ピンクガネーシャのフォトジェニックスポット観光ツアー

Copyright© タイの観光名所 , 2019 All Rights Reserved.