アユタヤ駅からアユタヤ遺跡への行き方

アユタヤ

タイ国鉄アユタヤ駅からアユタヤ遺跡への行き方についてご紹介します。

バンコクからアユタヤへ行く方法として、バンコクから約1時間30分と早いことと、安いことから列車を利用する方も多いと思います。

 icon-arrow-right  アユタヤへの行き方

アユタヤ歴史公園の遺跡のほとんどは、アユタヤ駅から川を渡った中洲に位置しています。
徒歩で遺跡を巡るのは大変なので、バイクや自転車をレンタルするのがアユタヤを満喫できると思います。
但し、帽子などの熱中症対策は万全な体制で行きましょう。

アユタヤ遺跡の地図

アユタヤ遺跡への行き方

アユタヤ駅に到着し、ホームを出ると駅前通りに出ます(線路を渡れば反対側にも出られますが、チケット売り場の方から出ましょう)。

駅前通りには、トゥクトゥクやソンテウが停まっていて、客の呼び込みをしています。
大雨の際は、川が荒れるので安全を考えて利用するのが良いと思います。
行き先にもよりますが、中洲までは60バーツ~行くことができます。

渡しボートで行く場合は、アユタヤ駅の通りを挟んだ真向かいの小道を入っていきます。
左右にレンタサイクル屋があり、ここで借りて自力で橋を渡って中洲に行く方法もあります。
駅前のレンタサイクルは、30バーツ~と中洲にあるレンタサイクルより安いのでここで借りるのもありでしょう(但し、少しボロい気がしますが。。)。

小道の突き当りが、渡し船の乗り場になります(Ayutthaya Train Station Pier)。
写真の下りスロープ(もしくは階段)を降りると船着き場になります。
スロープを降りる手前の左側に、運賃を回収する係員が座っていますのでお金を支払います(チケットはありません)。
片道5バーツ、自転車を同伴の場合は10バーツになります。

ボートは1艘でピストン運行しています。
対岸まで約5分位で、10~15分おきに運行しています。
対岸からの乗客が降りたら、気をつけてボートに乗り込みましょう。

対岸(中洲側)の船着き場(Chao Phrom Market Pier)には、係員はいません。
帰りの際は、ボートに乗ったあとアユタヤ駅側の係員に運賃を支払いましょう。

中洲側の船着き場でボートを降りて、小道に出るとすぐ左側にレンタサイクル屋があります。
ここで自転車(もしくはバイク)を借りましょう。
借りる際は、パスポートもしくは身分証明書を預ける必要があります。
レンタル料は1日50バーツです。

自転車をレンタルしたら、脇目もふらずひたすら真っ直ぐ西方向へ向かいます。
途中、何回か大通りに出ますが気にせず真っすぐ進みましょう。

真っ直ぐ進むと、自転車で約10~15分位でワット・プラ・マハタートに突き当たります。
十分に、調べてきてからアユタヤ観光を行うなら、早速ココから観光をスタートさせても良いと思います。
(アユタヤ歴史公園1日入場券を購入すると簡易的な地図をもらえます)

アユタヤ遺跡日帰り観光モデルコース - タイランド基本情報
アユタヤ遺跡日帰り観光モデルコース - タイランド基本情報

続きを見る

アユタヤのホテルはお得に予約!!

Copyright© 観光名所への行き方 タイランド , 2019 All Rights Reserved.