バンコク近郊・クレット島への行き方

クレット島は、バンコク近郊のノンタブリー県パーククレットにある島で、チャオプラヤー川に囲まれた中州になっています。

クレット島

クレット島へ船で渡り、船着き場のすぐ左側にレンタサイクル屋があります。
1日40バーツで借りることができます。
但し、屋台で買い物を楽しみたい方は、狭い路地を自転車で通行することはできないので、クレット島1周のサイクリングを楽しみたい方限定です。

クレット島の屋台通りの入り口にお寺があります。
多くのタイ人は参拝していました。

屋台通りの入り口です。奥までずっとこの道幅ですので、自転車が通れないことがお分かりいただけるかと思います。

屋台通りの途中でOTOPの看板がありました。
OTOPとは、タイ政府が推進している一村一品政策の事で、地域に根付いた名産品が販売されています。

木製の食器類が販売されていました。
値段も100バーツ以下がほとんどで、ついつい買ってしまいたくなります。

一番人気はこの和菓子?屋さんでした。
とてもきれいに作られています。

服屋、土製食器、木製食器、その他食器、和菓子屋が多く目につきました。
感覚的には全長1kmくらいあると思いますので、半日くらい楽しめると思います。

バンコクから少し離れていますが、日帰り観光のひとつとして良いのではないでしょうか。
土日しか開いていない店も多いらしいので、週末に行ったほうが良いと思います。

クレット島の地図

クレット島への行き方

クレット島へは、以下の移動手段があります。

  • 路線バスで行く
  • タクシーで行く

モーチット(チャトゥチャックパーク)駅から路線バスで行く

クレット島は、BTSモーチット駅もしくはMRTチャトゥチャックパーク駅から路線バスで行くことができます。
バスの路線番号は、52番です。

降りる場所は、終点パーククレットの銀行前です。
路線バスは、パーククレットに到着し、チャオプラヤー川を渡る橋の脇(SCB等の銀行が集まっている場所)が終着点となります。

バスを降りたら、そのまま進行方向(チャオプラヤ川方面)に進むと左側にテスコロータスがあります。

このテスコロータスの脇の通りが、「チェーンワタナパーククレットソイ4」になるので、ここを左折します。

歩いても船着き場に行くことができますが、「チェーンワタナパーククレットソイ4」に入ってすぐのところのバイクタクシーでも行くことができます。
歩いていくと船着き場まで約10分です。
バイクタクシーで行く場合は、「コ・クレット」もしくは「ワット サナーム ヌア」と言いましょう。船着き場すぐ近くまで連れて行ってくれます。

歩いていく場合は、「チェーンワタナパーククレットソイ4」の通りを直進し、突き当りを、お寺(ワット サナーム ヌア)に入っていきます(突き当りを左折しないようにしましょう)。
お寺を左手側に見ながら、看板を頼りにジグザグ歩いていきます。

川が見えたらそこが船着き場です。
料金(2バーツ)は、川を渡ったクレット島側で支払いますので、安全に注意してボートに乗り込みましょう。

ボートを降りたら、窓口で2バーツを支払います。
帰りも、クレット島側で料金を支払います。

帰りのバス乗り場は、車に気をつけながら、橋の下を渡った反対側の眼鏡屋近くになります。

タクシーで行く

クレット島へタクシーで行く場合は、BTSモーチット駅もしくはMRTノンタブリーシビックセンター駅付近が近くて良いと思います。(MRTは乗り換えもあり疲れますが。。。)

タクシーを捕まえたらタイ語で、
●パイ ワットサナームヌア パーククレット カップ
(パーククレットのワットサナームヌアに行って下さい)
と言いましょう。

通じなければ、下記のタイ語をタクシー運転手に見せましょう。
ไปวัดสนามเหนือปากเกร็ดครับ

それでも通じなければ、下記の本で勉強してみてはいかがですか?

[amazonjs asin="443411851X" locale="JP" title="タイ語発音教室―基礎からネイティブの音まで"]

Copyright© 観光名所への行き方 タイランド , 2019 All Rights Reserved.