タイ語を勉強したい!!

タイ語を覚える

ごく一般的な大学を卒業して、ごく一般的な会社員をして、海外生活とは無縁の生活を送っていたある日、ひょんなことからタイに来ることになった。海外で働くなんて考えてもいなかったので、タイ語はもちろんのこと英語すらまともに話すことができなかった。そんな中、タイのバンコクのスワンナプーム空港に降り立った時、あのうねうねしたタイ語が目に入りました。その瞬間、やばいやっていけるのかなという拒否反応がでました。中心部では英語や日本語もちらほら見かけますが、ちょっと街を外れるとタイ語Onlyの国です。屋台やローカルタイ料理屋に行ってもメニューはタイ語、日本と同じですね。

タイで生活していくには、タイ語は読めなくても「わからなければ聞くことができる」だけの日常会話力を身に付ければ良い!!直感でそう思い独学で勉強しました。

今、振り返るとこのように勉強するのが最短でタイ語を身につけられる勉強法ではないかという自分の感想をこのブログに書いていきたいと思います。

タイ語を学習する目的

どの外国語にしても、また、言葉だけでなく研究内容にしても、学習する意欲がなければ本当に身につけることは難しいと思う。しかし、完璧に身に付けるには数年を要してしまう。それは当然ですよね?現地人は現地の学校で何年、何十年と勉強し、コミュニケーションはほとんど現地語で会話しているわけですから。。。

つまるところ、いきなり難しいところから勉強しようと思わないで、ちょっとした「あいさつ」からStep by Stepで日常会話ができるレベルにもっていくことが重要ではないかと思います。2、3日の旅行や観光でタイを訪れるのに3ヶ月かけてタイ語の文字を覚えるなんて本末転倒ですからね。はっきり言うと、タイ語の文字が読めなくても、タイで生活することは十分に可能です。

まずは、タイ人とコミュニケーションが取れるようになることが重要です!!

タイ語のコミュニケーション力を鍛える

コミュニケーションとは

相手に伝えたい事が伝わる
相手の伝えたい事が理解できる

これだけです。とはいってもこれが難しいのですが。。。

まずは、「数多くの日常単語」と「文法の基本」を覚えましょう。そしてできれば簡単な会話から話してみましょう!!すると相手の反応でタイ語の表現方法がわかるはずです。タイ人と話していると同じ表現が頻繁に出てくることがわかるはずです。例えば、私「サワディーカー(こんにちは)」タイ人「サワディーカー(こんにちは)」「サバイディーマイ(元気ですか?)」と。。。

また、会話をしていない時でも、自分が覚えた単語を駆使して、タイ人が何を話ししているか聞く努力をしてみましょう。意外と同じような言葉を多く耳にすることがわかります。その単語を、家に帰って調べればまた一つ会話力がUPするでしょう!!

このように、シチュエーションによって流れで会話ができる。これが、コミュニケーションだと思うのです。そのために、


数多くの日常会話単語を覚える
文法の基本を覚える
タイ人と会話をする
タイ人が何を話しているか聞く努力をする
シチュエーションによって出てくる会話文を覚え次回から使う

タイ語は、比較的簡単な言語だと思います。それは、覚える文法が少なく、大袈裟に言うと単語だけでも会話ができてしまいます。従って、会話のレパートリーを増やすために、単語を気合で覚えましょう!!

単語を覚えるなら絶対におすすめの本


タイ語の覚え方・使い方Book〈1〉
タイ語の覚え方・使い方Book〈2〉



文法の勉強は必要?

タイ語の単語を覚えた皆さんはもう既にある程度の会話をしているのではないでしょうか?そうです。文法の勉強なんて必要ないのです(と言ったら語弊があるかもしれませんが)。上記の2冊の本の単語を覚えただけで日常会話はほとんど困らなくなったのではないでしょうか?あとは実践あるのみです。私は、文法の本を買ったことがないので、おすすめの本はありませんが、タイ語の基本はこちらで紹介しています。

文字を覚えたい

タイ語を覚えてくると、タイ文字を読みたいという欲求が湧いてきます。タイの店の看板には、何屋さんって書いてあるんだろうとかタイ語の新聞が読みたいとか様々あると思います。はっきり言います。タイ語の単語のボキャブラリーが無いと文字が読めても意味がわかりません。だから、単語を覚えるのが第一なのです。私なりの勉強方法ですが、
①タイ語の単語を覚える
②文字を覚える
③文字と単語をつなぎ合わせる
④タイ語の文字で意味がわかる
という方法で覚えました。これが正しいかはわかりませんが、英単語帳の様にタイ文字から単語を覚えるのは時間がかかるように思えてなりません。なぜなら、
①単語の意味
②単語の読み方
③単語の文字
この3つを全て一緒に覚えなくてはならないからです。それならば、①+②を覚えて③をくっつける方が簡単に思えるのです。いずれにしても、タイの文字自体は気合で覚えられます。1日朝20分位これから紹介する本を眺めていれば自然と頭に入ってきます。また、タイ文字のサイトでも紹介していますのでご参考にどうぞ。

タイ文字を覚えるのにおすすめの本はこちら