知っておきたいタイのホテル豆知識

タイに旅行に行こう!!って決めたのはいいものの数多あるホテルをどうやって選べばいいの?
と思う方も多いと思います。

まずは、タイのホテルについて情報をイメージしましょう。

ホテルの種類について

タイの宿泊施設は、大きく分けて「ホテル」、「コンドミニアム・アパートメント」、「ゲストハウス・ドミトリー」があります。

「ホテル」は、単語そのままです。一般的なホテルは、日本で言うところのワンルームにベッドとテレビがあり、トイレとシャワールーム(浴槽はほとんどありません)がついています。高級ホテルでは、シャワールームに浴槽があったり、部屋と寝室が別れていたりします。

「コンドミニアム・アパートメント」は、日本で言うところの「マンションやアパート」等の住居をホテルとしても活用しています。コンドミニアムには、プールやフィットネスジムを完備している所も多く、また、元々居住用なのでキッチンがついている所もあります。一方、アパートメントは、プールやキッチン等の施設、設備は皆無と考えても差し支えありません。

「ゲストハウス・ドミトリー」は、共同部屋施設のことです。1つの部屋に2段ベッドが並んでいて、欧米人やバックパッカーが愛用する相部屋タイプです。

ホテルの相場について

高級と呼ばれるホテルは、バンコク市内で約15,000円~です。
ただし、パタヤやプーケット等のリゾート地区にある高級ホテルは、プライベートプールがあったり、バンコクリバーサイド地区等では、おしゃれな景色を堪能できるため、20,000円以上のホテルも多くあります。
一般的なホテルは、バンコク市内であれば4,000円以上、その他地方都市であれば3,000円以上を見積もっていた方が良いと思います。
この料金以下の宿泊施設もありますが、駅から遠い、古い、地区の地価が安い(治安が悪い等)等の根拠が考えられますので、十分に注意して下さい。

高級ホテルと一般ホテルどこが違うの?

まずは、バンコク市内(地方都市含む)とリゾート地区ではコンセプトが違うため、分けて考えましょう。

バンコク市内の高級ホテルは、

1.レストランやバーがある
2.駅から近いもしくは交通の便が良い
3.高い建物のため夜景を楽しむことができる
4.部屋の間取りが広い、アメニティーグッズが充実している

等が挙げられると思います。ちなみに、3の夜景に関しては、バンコクは高い建物が非常に多いため、部屋からの夜景は期待しすぎないほうが良いでしょう。一番の違いは、ホテルに入ったときのロビーの豪華さだと思います。ホテルに入った瞬間にその雰囲気でここに泊まって良かったと思うことでしょう。

リゾート地区の高級ホテルは、

1.レストランやバーがある
2.静寂な雰囲気で優雅な一時を味わえる
3.きれいな景観を楽しめる
4.部屋の間取りが圧倒的に違う

等が挙げられると思います。いわゆるホテルを楽しむためのホテルと言っても過言ではないでしょう。

私個人的な意見で恐縮ですが、
もしバンコクや地方都市部に泊まるなら、5,000~12,000円位のホテルに宿泊し、
バンコクリバーサイド地区や特にリゾート地区に泊まるのであれば、もったいないと思わずに25,000円~のホテルを選びます。
なぜなら、リゾート地に観光名所等は皆無で、ホテルで一時の癒やしを求めたいからです。
お金を貯めてまた行きたいと思うこと間違いなしです!!

チップの相場について

ホテルでチップをあげるシーンは下記の3つのパターンでしょう。
1.ホテルボーイが荷物を部屋まで運んでくれた時もしくはスタッフが部屋の案内をしてくれた時
2.ベッドメーキングをしてくれた時
3.レストランで食事をした時

まず、最初に言うべきことはチップは絶対ではありません。良いサービスを受けたと感じた時に自然と出てくるものです。お金を持ち合わせていない時や渡すのを忘れてしまった時、色々な状況があると思うので気を使いすぎないようにしましょう。
但し、ポケットに20バーツ札(約60円)をいっぱい入れておくと、なんかあった時に自然とポッケから出せますね。

1及び2の場合は、ホテルの格で決めるのが一般的でしょう。
これも個人的な意見で恐縮ですが、
まず思い浮かぶのが20バーツ札です。
但し、20,000円以上の高級ホテルでは、20バーツ札を出すのもケチっぽく思われそうなので50もしくは100バーツ札を渡すようにしています。
2のハウスキーパーさんはリゾート地の高級ホテルでも田舎から出てきて低賃金で働いていますので、助けてあげたいと思った心温かい勇者は500バーツや1,000バーツを渡してみましょう。目を輝かせて「コップンカー」と言ってきますよ^^(ちなみに1ヶ月の給料は9,000バーツ~)

3のレストランの場合は、ホテルチャージ(部屋付け)が一般的なのではないでしょうか。
ホテルチャージとは、食事等の代金をチェックアウトの際に払うことです。

なので、その場で現金払いをした経験がありません。
もし、その場で現金払いなら、
例 会計1,832バーツなら1,900バーツを払って残りはチップ
というように100バーツ以下の金額を置いていきます。

その他注意事項

タイのホテルでは、高級ホテルを除いて歯ブラシを置いていません。
従って、日本から持ってくるか、近くのコンビニで買いましょう!!

ホテルで何か問題があった場合は、こちらのホテルでのタイ語を活用して下さい。

まだ航空券を予約していない方へ

航空券とホテルを一緒に予約することで割引サービスを受けられます。ぜひご活用下さい。

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

航空券のみ★最安値検索

タイ旅行を思う存分満喫しましょう!!

投稿日:

執筆者: